前へ
次へ

ゲスト1名に対してのカタログギフト費用の目安は

結婚式の引き出物としても重宝されるカタログギフトですが、いったいいくらくらいが相場なのか、カップルにとっては知っておきたいことです。招待客1名にかける費用としては、披露宴の際に出す食事代のおよそ3分の1ほどを目安にします。ゲストたちのために用意をする引き出物は、何か1つだけを用意すると決まっているわけではありません。新郎新婦の考え方によって複数を用意することも多いですし、メインの品物にプラスして消えもののお菓子をつけることはよくあります。メインの引き出物にカタログギフトを選び、プラスで縁起物の何かをプラスというパターンも多いです。ゲスト1人あたりで見たとき、カタログギフトの金額として多いのは3000から3500円未満が最も多く、これくらいが負担も大きすぎない金額になります。年齢層や関係性なども考慮して、招待客にあったカタログギフトを選ぶこともあるため、贈り分けをすると費用面はもっと幅が広がりますが、いずれにしてもカップルで考えて決定をすることです。

子育ては女性がやるべき仕事というのは昔の話であり、現代では2人で協力し合って子育てをするのがスタンダードな時代です。育児休暇は女性がとるものというのも過去の話であり、現代では男性が育児休暇を取り子育てに協力をしたいと感あげるケースが増えています。出産祝いにカタログギフトを贈ることはよくありますが、時代の流れにあった贈り物として、新米パパ向けにプレゼントをするのも素敵な発想です。実際に家事や育児に積極的な男性が増えたことから、パパ用のカタログギフトを用意するショップも珍しくはなくなっています。小さな我が家の宝物御赤ちゃんをお風呂に入れたり、おむつ交換をしたり新米パパは慣れないながらも一生懸命です。そんな新米パパを応援するのがパパ用に贈るカタログギフトであり、男性がもらってうれしい商品がずらりと並んでいます。男性専用カタログギフトは育児を頑張るパパを応援する意味も含みますし、男性がカタログを見て楽しくなるようなアイテムばかりの掲載です。

Page Top